ミユキ技研
ミユキ技研のブログです。
ここでは、医療機器の情報や最新のお知らせから社内の日常的な出来事まで幅広くご紹介してまいります。

ミユキ技研

記事一覧

【アースの話】

製品情報

脳波などの生体電気現象を測定する上でよく出くわす問題が、
ハム(HUM)ノイズの混入です。
これは交流電源の周波数(60Hz又は50Hz)が測定信号に混入している状態を意味します。
このノイズの解消に、次のことをまず確認してみてください。

1.アース端子付きの3Pタイプ電源コンセントを使用していますか?
  測定機器などが接続されているOAタップや壁のコンセントが3Pタイプか確認し
  てください。図のように壁側の形状が2Pでは意味がありません。
コンセント2Pコンセント3P

2.PCや液晶パネルなど、その部屋にある機器の電源ケーブルが
  3Pタイプになっていますか?
  せっかく3Pケーブルを用いても、
  添付の2P−3Pアダプタを使っては意味がありません。
コンセントコンセント アース

3.それでもハムノイズが混入するとき。
  同じ部屋にある使用していない機器
  (PCなど)の電源コードを抜いてみてください。
  本体のスイッチが切ってあってもアイドリング状態になっており、
  ノイズを発生している機材もあります。

微弱電位の脳波にとってハムノイズ対策は特に必要になります。
先ずは電源周りから確認してみてください。
(け)


  • 2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930