ミユキ技研
ミユキ技研のブログです。
ここでは、医療機器の情報や最新のお知らせから社内の日常的な出来事まで幅広くご紹介してまいります。

ミユキ技研

記事一覧

1 2 3 4 5 6 22

インフルエンザ 猛威

雑記

インフルエンザ、流行っています。

家庭内のインフルエンザ感染について
家族の中で誰から感染したのか、ある調査結果がまとまったそうです。
ほかの家族への感染率が一番高かったのは乳幼児ですが
乳幼児に次いで、2番目に家族にうつす確率が高かったのは、
意外にも父親だったそうです。

お父さんとお母さんの感染率の違いは、“意識の違い” だそうで
父親から、ほかの家族への感染率が高い理由は、
ずばり「お父さんたちの意識の低さ」にあったようです。
マスクは息苦しいからしない 70代男性、
咳をしていても家ではマスクはしない 50代男性や
自身が感染時に、お子さんが『パパ遊んで』と来たら遊んじゃう 20代男性
これを読んだ方も身におぼえがあるのではないでしょうか。。。

手洗い、うがい、加湿、睡眠、バランスのとれた食事
熱い紅茶を飲むこともウィルスに効果があるようです。

記・三代川


付加価値について

雑記

フェンシング選手の太田雄貴さんのお話です。

「フェンシングの大会を体育館で入場料1000円だと全く集客出来ない、
 でも 入場料を5000円にして劇場で開催したら満席になった。」

普段演劇を見ている客層相手に、色々演出を工夫して興行する、
という発想の転換。
人は、お金の価格に対して絶対評価を持っている訳ではなく
体育館で見る1000円より、劇場で見る5000円を安く感じる(価値があるように感じる)
場合があるようです。
これはスポーツだけでなく色々な事に通用する話だと思います。
ただ値段を下げるだけでなく、
値段は上げても価値を付加する事でより普及する物があるようです。

記・三代川


新年のご挨拶

お知らせ

~謹賀新年~
昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も社員一同、
皆様にご満足いただけるサービスを心がける所存でございますので、
何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈りいたします。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
無題
ミユキ技研 社員一同


年末のご挨拶

お知らせ

2018年も残すところあと僅かとなりました。
今年一年、誠にありがとうございます。

来年も誠心誠意努力していく所存ですので、
より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

尚、弊社の年末年始の休業期間は下記の通りです。
(年末年始休業期間) 12月29日(土)~1月6日(日)
新年は1月7日(月)9:00より営業開始となります。

時節柄、くれぐれも体調などお崩しになられぬようお気をつけください。
来年も相変わらぬご高配を頂けますようお願い申し上げて、
歳末のご挨拶とさせて頂きます。
どうぞ良い年をお迎えくださいませ。
IMG_20181220_141632_710
ミユキ技研 社員一同


人魚の眠る家

雑記

作家 東野圭吾のミステリー小説が映画化されました。

人魚の眠る家

この小説は脳死となった娘を中心に
離婚秒読みだった夫婦の心の動きが描かれているミステリー作品です。

この映画の作中で 弊社の機器が使用されています。
母親の無償の愛に包まれながら、是非鑑賞ください。
人魚の眠る森
記・三代川


湯島本郷百景 2

雑記

以前 湯島本郷百景 について書きました。

日々変わりゆく湯島本郷の風景ですが、変わらない美しい風景もたくさんあります。
その景色を美しいイラストにし、さらにポチ袋や一筆箋等にしたグッズがあります。
IMG_20181204_131900_407
この町が大好きな人々のツールとして
是非いかがでしょうか。

記・三代川


ボヘミアン・ラプソディ

雑記

現在 大ヒットしている映画、
ボヘミアン・ラプソディ、ご覧になりましたでしょうか?

伝説のバンド クィーンのボーカリスト
常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、
魂に響く28の名曲と共に贈る感動の映画です。
すでに世界での興行収入5億ドル突破したという規模になっています。

フレディ・マーキュリーが亡くなった時 私は中学生で
当時はよくわからずにクィーンを聞いていました。
が、この映画を見て、フレディ・マーキュリーの苦悩、作品が作られていく過程、
センス、愛、成功、後悔、裏切り、葛藤、病気、、、
全てが丁寧に興味深く鮮やかに描かれて胸が苦しくなりました。
ライブシーンも圧巻で、映画館ではなくライブ会場にいるのかと思うほどです。

お勧めしたい映画の1本になりました。
是非映画館へ足を運んでみてください。
ぼへみ
記・三代川


レッドリボン

雑記

12/1は 世界エイズデー でした。
シンボルは、レッドリボンで これは、感染者・患者への連帯を表しています。
レッドリボン
昨年 日本で新規に報告されたエイズ患者数/HIV感染者数は1389人でした。
今 エイズは早期に把握し治療をすれば
発症を防ぐことができ、
感染するまでと同じ生活を送ることができます。

大事なのは正しい知識と早期発見、
差別・偏見の解消、です。

記・三代川


アインシュタインの名言

雑記

世界は危険でいっぱいだ。
なぜなら、それは悪事を働くものがいるからというのではなく、
それを見て見ぬ振りをする人たちがいるからだ。

アインシュタイン
Theory of relativity - equation written on board

見て見ぬ振りをする大人にならないように
気をつけたいと思います。

記・三代川


家事を手伝うということ

雑記

先日 ある大学教授の男性が 女生徒に向かって

「結婚してからも家事を手伝います」なんていう男性とは
絶対に結婚しちゃいけないよ と説いていました。
手伝う なんて感覚の人ではダメ、
分担が当たり前で家事も自分の仕事だ ということでした。

そうおっしゃってたのがかなり高齢の方でしたので
その年代の方で そのような感覚は意外だと驚きました。
現在は共働き家庭が圧倒的に多いようですので
なるほど 家事は二人の仕事 というのは鋭い感覚です。

見習いたいと思いますが 女性の立場からしても
なかなか難しいです。。。

記・三代川


1 2 3 4 5 6 22
  • 2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031