光トポグラフィ装置 ETG 7000
日立メディコ
光トポグラフィが進化しました!
概要

光トポグラフィ装置は近赤外分光法を用い無侵襲で大脳皮質の血液量の時間的変化を2次元動画像で表示する(光にかざしてものの内部を透かしてみるように、人間の脳の働きを外から観察する)装置です。

 

医療用具承認番号 21400BZZ00033000

 

近赤外光で大脳皮質のヘモグ□ビン濃度を計測

大脳皮質は、頭皮上から20ミリほどの深さにあり、運動・感覚・認知・言語・思考など高次脳機能に関連しています。光トポグラフィ装置はこの大脳皮質の活性状態を、近赤外光の照射により計測します。

従来の装置では、同時に見られるのは大脳の一部分に限られていましたが、プローブの数を一挙に5倍化し、大脳皮質の全領域(全脳)での同時計測を実現しました。

 

検出光の増減でヘモグロビン濃度がわかります。大脳皮質には毛細血管が密集しており、血液中のヘモグロビンには近赤外光しやすいという特性があります。透過性の高い近赤外光を頭皮上に照射し、再び頭皮上に戻る反射光を検出することで、大脳皮質の血液量がわかり、脳の活性状態が計測できます。

 

特徴

無侵襲、低拘束性、わかりやすい画像表示など、検査目的に応じて様々な刺激を与えながら、大脳皮質の情報処理をリアルタイムに観測できます。

5つの光ファイバプローブを頭部に装着することで、大脳皮質(前頭葉、左右側頭葉、後頭葉、頭頂葉)の大部分をカバーすることができます。

感じる、考える、動作するといった人間の複雑な機能は、大脳各部の情報伝達(相互関係)によって生み出されます。大脳全域の活動を観測することで、このメカニズムの解明が進みます。

酸素化ヘモグロビン・還元ヘモグロビン濃度の変化を全脳で同時計測し、従来の最大5倍のデータ量を高速に処理します。さらに従来と同等のコンパクトな装置を実現しました。

測定データと各種病態との関係を解析することで、新たな検査手段としての応用が期待されます。

最大5個のプローブを頭の上に自由に配置できます。

2種類のプローブ配列(3×5、4×4)を任意の組合せで使用できるので、被検者の頭囲や見たい部位に応じて最適の計測を行うことができます。

ローブ装着時の拘束が少なく、被験者の動作を制限しないので、自由に刺激の選択が行えます。

計測されたデータは、3次元/2次元トポグラフィ画像、マップドグラフ、タイムコースグラフ表示によりリアルタイムで表示・再生されます。

タスクを与えて計測した結果は、ただちに解析・表示されます。結果を見てすぐ次の計測へのフィードバックが可能ですので、効率的なデータ収集が行えます。

市販の刺激装置とのインターフェースが可能です。

外部のモニタ装置が出力するアナログデータを取り込めます。

※ 装置の仕様が適合する必要があります。

さらにこのデータを事象マーキングのトリガとして使用することができます。

収集・解析データはPCの標準的なテキストデータまたは画像データとして外部に出力可能です。さらに高度な解析や論文・プレゼンテーション用としてデータを転用できます。

 

オプション

3次元トポグラフィ画像表示システムは、プローブ装着位置を計測する3次元位置計測ユニットと2次元トポグラフィ画像を、大脳表面に3次元画像表示する3次元合成表示ユニットから構成されます。磁気センサーを使用してプローブ位置を計測しているので、大脳表面上に正確にトポグラフィを表示することができます。

 

関連製品リンク

多チャネル近赤外血流測定

光トポグラフィ装置 ETG 4000

※ 記載内容につきましては変更する場合がありますのでご了承ください。

 

 

製造元
(株) 日立メディコ
http://www.hitachi-medical.co.jp/opt/index.html